集客、販売促進 PlanningGEX

FB講座から、WEBを含めたソーシャルメディアの販売促進企画、デザイン。ロゴタイプから、パッケージ、販売戦略のお手伝い。

いろいろ

知行合一

知行合一



















知識があっても行わなければ、知らないのと同じ。

実践してこその知識。

知恵です。



挑戦こそ、成功への道

【挑戦が大事】日産のCEOカルロス・ゴーン氏
「私たちは未来のリーダーを育てていかなければならないのです。
そのためには、候補になる人間を人事部や総務部の椅子に座らせておくだけではいけません。
一番難しい前線に送り出してこそ、人は鍛えられるのです。未来のリーダーは今日の挑戦に応じることで育ちます。
潜在的な能力がある人ほど、難しい挑戦をさせるべきです。リーダーは一番きつい仕事によって育ちます。」
写真: 【挑戦が大事】日産のCEOカルロス・ゴーン氏
「私たちは未来のリーダーを育てていかなければならないのです。
そのためには、候補になる人間を人事部や総務部の椅子に座らせておくだけではいけません。
一番難しい前線に送り出してこそ、人は鍛えられるのです。未来のリーダーは今日の挑戦に応じることで育ちます。
潜在的な能力がある人ほど、難しい挑戦をさせるべきです。リーダーは一番きつい仕事によって育ちます。」

寄らば大樹の影?! でもない。

村田博昭さんの記事から。
NHK で楽天の三木谷社長が
生出演してますね。
良いこと言ってますが・・
95%の出店企業が赤字。
自分達さえ儲かれば・・・
そんな企業は大手でも値打ちない!
能書きにしか聞こえないのは
おいらだけかな?(-。-)y-~
---------------------------------------------
集客のある総合デパートに出店したからといって、売上が上がるとは限りませんね。テナントですから、その集客を自分の所へ持ってくる努力と魅力ある商品づくり、サービス体制がなければどこに出店しても同じです。まず、商品とサービス体制です。柳の下にドジョウは2匹いないということ。

笑顔の源。ブスになっていませんか?

笑顔の源。ブスになっていませんか?
宝塚伝説の教え「ブスの25箇条」人生訓であり、顧客に対しての心構えであり、サービスの基本精神。
http://kidssmile-ouendan.doorblog.jp/archives/65723123.html

1112_takaraduka

広報紙作成講座「基礎編」

【広報紙】ペーパーで、広報するメリットはまだまだあります。

では、読んでもらわなければ、せっかく作っても意味がありません。

そのための基礎です。

なんでも知らないで、闇雲にやっても効果は、あがりません。基礎を知ってこそ、生きるものです


 

行政、学校、各種団体、企業などで広報紙を発行しています。

 

印刷物ですね。

 

ポスター、チラシの一瞬の判断時間と違って繰り返し読んでもらう、見てもらうというように、時間が長いということです。

 

読みやすさが求められます。

 

また、読むということで勘違いして、長文では読んでもらえません。

 

図、画像、大見出し、小見出しなどで目を留めさせ、塊で目に入る工夫も必要です。

 

例で、画像は参考に高校のPTAだよりを使いました。

 

ターゲットは保護者です。

 

保護者は何を求めているか?

 

学校の様子が一番知りたい。それと学校の方針です。記録、報告は最近ではホームページにアップされています。

 

それ以外でペーパーでの意義を持たせなければ、読んでもらえません。

 

下の画像は以前のものです。

 

 

学校の都合を満載されても、保護者にしてみたら、読む気を失せます。

 

なんでも都合を押し付けられると、引くということです。

 

文章は短め、簡潔がいいんです。画像は興味が引く内容、記事を表している内容のものを選ぶことです。

 

以前書いたノートはウェブでのことですが、ペーパーも視覚誘導は同じです。

見せる、読ませるテクニック! 視覚誘導!? WEBデザインでの心理。

https://www.facebook.com/note.php?note_id=243329919081315

 

紙面の大きさから、まず、本文の一文字の大きさ、ポイント数を考える。12ポイントではちょっと小さいです。

 

一行の文字数を決める。15字が限度です。最近新聞は13字~10字になってきています。

 

理由は、視覚的に塊のフレーズとして速く読めるということです。

 

写真も多くなってきています。

 

読んでもらうから、見てもらう!

 

目をつかまえるということを、考慮することです。

 

 

紙面のフォーマットを決める。

 

 

画像がPTAだよりのフォーマットです。

 

1ページをA4で設定しています。

 

これが一番重要です。

 

これを決めると、掲載する記事の文字数、写真の数、大きさが決まってきます。

 

編集デザインの基礎です。

 

縦組みでも、横組みでも同じです。

 

まず、見やすくすることです。

 

紙面の記事は、誰に読んでもらうかを表現しなくてはなりません。

 

そこに大きな要素は、見出しです。キャッチフレーズです。大見出し、小見出し、説明分(キャプション)、そして本文とわかりやすくすることが大切です。

 

自分勝手な思いで、作っていませんか?

 

広報誌とホームページ、ブログなどもリンクさせる。pdfファイルでアップしておく。

 

記事の詳細をネットに書いておくと言うことも重要です。

 

ネット、アナログの良い部分を活かすことが、広報につながります。

 

ビジネスでは結果、認知度が上がるということです。 
記事検索
プランニングジェックスです。


販売促進について、どう進めればいいのか?疑問をお持ちの方に、お手伝いいたします。
方法、手段はいろいろあります。業種業態によって違います。
まず、戦略からです。ホームページ、ブログなどもシナリオが必要です。体裁、表現手段ばかりが先行しがちです。
個別のコンサルティングが基本ですが、研修会、講習会もお引き受けいたします。
GEXは、generate。創り出すと「X(エックス)」未知なるもの。の造語です。

ぽちっと
にほんブログ村 経営ブログ 広告・マーケティングへ にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ にほんブログ村 ネットブログ ネット広告・ネットマーケティングへ

gex2012-5


 こどもの笑顔応援、続けること。

middle_1277175871自然で、わいわいわくわく百万石

middle_1318604800こどもの笑顔応援団

middle_1318604800アグリビジネス

Twitter
facebook
プロフィール

わいわい

タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ