前例。

過去の踏襲であったり、無難な方法のひとつです。

慣例でそうなっているという言い訳、答弁もよくあります。

ではその慣例は、いつ出来たのでしょう? 慣例になったのはどういう経緯でしょうか?

そこがポイントです。

それを実践実行した先人は、現状の不都合を感じていたのでしょう。

目指す目標に向かって、改善か新たに創造したのでしょう。

このことに「気づき」アクションをしない限り「成功」とは言わないのです。

仕事でも、ボランティアでも行動は、慣例にしたがって流せば、楽です。

楽と勘違いしているだけです。

時代にあったやり方があるのです。そこでまず、改善。

改善するためには、慣例を精査する。現状との照らし合わせ。見過ごしなどもあります。

また「くさいものに蓋をする」形式で、触れない部分もあります。

なんでも注意深く、観る(観察)することです。

そこから、いろいろな現状に合わない部分が、視えてきます。

気づいたら、問題解決に実践躬行です。

あなたは、前例に甘んじていませんか?前例、慣例にとらわれていませんか?

前例、慣例にとらわれていませんか?呪縛されているのでは?


前例の断捨利してこそです。


創作料理も、新製品もそんな前例のないものを作り出しているのです。