【広報紙】ペーパーで、広報するメリットはまだまだあります。

では、読んでもらわなければ、せっかく作っても意味がありません。

そのための基礎です。

なんでも知らないで、闇雲にやっても効果は、あがりません。基礎を知ってこそ、生きるものです


 

行政、学校、各種団体、企業などで広報紙を発行しています。

 

印刷物ですね。

 

ポスター、チラシの一瞬の判断時間と違って繰り返し読んでもらう、見てもらうというように、時間が長いということです。

 

読みやすさが求められます。

 

また、読むということで勘違いして、長文では読んでもらえません。

 

図、画像、大見出し、小見出しなどで目を留めさせ、塊で目に入る工夫も必要です。

 

例で、画像は参考に高校のPTAだよりを使いました。

 

ターゲットは保護者です。

 

保護者は何を求めているか?

 

学校の様子が一番知りたい。それと学校の方針です。記録、報告は最近ではホームページにアップされています。

 

それ以外でペーパーでの意義を持たせなければ、読んでもらえません。

 

下の画像は以前のものです。

 

 

学校の都合を満載されても、保護者にしてみたら、読む気を失せます。

 

なんでも都合を押し付けられると、引くということです。

 

文章は短め、簡潔がいいんです。画像は興味が引く内容、記事を表している内容のものを選ぶことです。

 

以前書いたノートはウェブでのことですが、ペーパーも視覚誘導は同じです。

見せる、読ませるテクニック! 視覚誘導!? WEBデザインでの心理。

https://www.facebook.com/note.php?note_id=243329919081315

 

紙面の大きさから、まず、本文の一文字の大きさ、ポイント数を考える。12ポイントではちょっと小さいです。

 

一行の文字数を決める。15字が限度です。最近新聞は13字~10字になってきています。

 

理由は、視覚的に塊のフレーズとして速く読めるということです。

 

写真も多くなってきています。

 

読んでもらうから、見てもらう!

 

目をつかまえるということを、考慮することです。

 

 

紙面のフォーマットを決める。

 

 

画像がPTAだよりのフォーマットです。

 

1ページをA4で設定しています。

 

これが一番重要です。

 

これを決めると、掲載する記事の文字数、写真の数、大きさが決まってきます。

 

編集デザインの基礎です。

 

縦組みでも、横組みでも同じです。

 

まず、見やすくすることです。

 

紙面の記事は、誰に読んでもらうかを表現しなくてはなりません。

 

そこに大きな要素は、見出しです。キャッチフレーズです。大見出し、小見出し、説明分(キャプション)、そして本文とわかりやすくすることが大切です。

 

自分勝手な思いで、作っていませんか?

 

広報誌とホームページ、ブログなどもリンクさせる。pdfファイルでアップしておく。

 

記事の詳細をネットに書いておくと言うことも重要です。

 

ネット、アナログの良い部分を活かすことが、広報につながります。

 

ビジネスでは結果、認知度が上がるということです。