集客、販売促進 PlanningGEX

FB講座から、WEBを含めたソーシャルメディアの販売促進企画、デザイン。ロゴタイプから、パッケージ、販売戦略のお手伝い。

2013年01月

フェイスブックは交流。交流は徳をもってすべし。

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
【朝活のお話】
何事も進める上で、八徳が肝要です。意識してこそ備わります。
フェイスブックでもリアルでも同じ。
仁・義・礼・智・忠・信・孝・悌
フェイスブックは交流。交流は徳をもってすべし。

 

テレビでご覧になられた方も多いと思います。

 

 

 

ここで出てくる、八徳。

 

交流ばかりでなく、人生の指針です。

 

多くの先人たちが、悩み、成功を収めたのも徳。

 

【八つの文字(八徳)の意味】

 

仁 = (相手を思いやること)儒教の理想で、諸徳の根元である、真心と慈愛を内容とする美徳。

 

義 = (利害を捨て条理に従うこと)人として当然、なすべき正しい道。

 

信 = (まごころがあること)人をあざむかない事。

 

智 = (合理的に判断すること)知恵、頭のはたらき。

 

忠 = 真心。誠。臣下が主君に真心を尽くして仕える事も意味する。君臣友義(忠誠)

 

礼 = (相手を敬うこと)礼儀。敬意。

 

孝 = 父母によく仕える事。父子有親(孝行) 

 

悌 = (兄や年長者への柔順)年長者に対して、従順によく仕える事。長幼有序(上下の秩序)

 

ビジネスにも、人生にも徳を養いましょう。

 

http://kidssmile-ouendan.doorblog.jp/archives/65573395.html


 

フェイスブック超初歩入門「キャッチボール!?」グローブの用意から

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

フェイスブックを始める方が、戸惑うところ。

 

①なんで始めたのに、誰もアクセスないの?

 

②「友達」?って何?知り合いでもないんですが。。。

 

③朝のあいさつが多い?

 

まだまだ、ありますね。いいね! シェア、メッセージです。

 

また、何か勘違いをしながらフェイスブックをされている方もいらっしゃいます。

 

友達の友達は、皆友達という考えを持たないと、ご自分の書いた記事が広がりません。

 

広がらなくてもいい。興味を持ってくれる、賛同、共感してくれる人がいなくてもいいという方は、

 

フェイスブックをされない方がいいでしょう。

 

フェイスブックは「交流」の手段として有効です。

 

もともと、フェイスブックの設立者マーク・ザッカーバーグが、手短に言うと友達探しで思いついたSNSです。

 

 

まず「あいさつ」が目立ちますね。

 

なぜ?

 

初対面または、同じ町内に住んでいて交わすのは「あいさつ」。

 

知らんぷりする、されるより「おはようございます」「こんにちは」「こんばんは」とあいさつされた方がいいでしょ?

 

そこです。

 

「あいさつ」を言えなく、時間がないような時って、どうされますか?

 

あいさついただいた方に「会釈」をしますよね。お互いに会釈だけの場合もあります。

 

これが「いいね」です。

 

交流の初歩ですね。ビジネスでも初対面の方に、名刺をお渡しして自己紹介するのと同じです。

 

身分を明かすということですね。フェイスブックでは「プロフィール画像」「基本データ」がそれにあたります。

 

以前にも

フェイスブック超初歩入門【第1歩プロフィール画像から:FB講座】プロフィール画像が大切

http://planninggex.doorblog.jp/archives/51708168.html を書きました。

 

「いいね」は、アクセスした。拝見しました。の意味合いが大きいですね。

 

なぜなら、フェイスブックの個人のページは、HP、ブログなどと違ってアクセス解析がないです。

 

賛同のお気持ちで「いいね」されている方もいらっしゃいます。

 

野球のボールは、攻守ともに使う道具ですね。

 

また、仲間との連携プレイにも使います。

 

ボールが、あなたのアクションなんです。投げたのか?打ったのか?

 

キャッチボールは、お互いにボールのやりとりですね。投げたボールをグローブで受ける。

 

受け手がいなかったらキャッチボールになりませんね。

 

そのためには「友達」という登録者を増やす。でも闇雲に無言申請してはいけません。

 

野球では故意のデッドボールですよ。

 

なんでも礼儀です。

 

 

受けるグローブがないと、投げられたボールは受けることができません。当たり前のことです。

 

FB友達になって、訪問してもあいさつできる環境があるかということです。受け皿とも考えられます。

 

受け皿は、すべてが入りますが、ザルだと取りこぼしもあります。

 

それは公開範囲です。「友達」登録者だけか、「友達の友達」?「すべて公開」か?です。

 

あなたの書かれた記事が、グローブなんです。

 

フェイスブックの参加者全員が、観客であり、プレーヤーなんです。

 

フェイスブック初歩から次ステップへ【FB講座】あなたはプレイヤー?観客?http://planninggex.doorblog.jp/archives/51657140.html

 

しっかりと投げられたボールを受け止めるために、グローブを用意しましょう。

 

アクセス、訪問された方が、「いいね」「コメント」できる記事ということです。

 

ニュースフィード、ホームは野球で言うグランドです。いろんな選手が見られ、プレイヤーになれば

 

その選手とキャッチボールが可能なんです。

 

キャッチボールしたくない人は、観客席でグランドを眺めているだけです。

 

キャッチボールがあってこそフェイスブックの「交流」が生まれます。

 

フェイスブック超初歩入門【FB講座】登録から交流へ そして友達でも書きました。

http://planninggex.doorblog.jp/archives/51707903.html

 

交流を進めていくと、ファン(興味を持ってくれる、賛同、共感してくれる人)ができます。

 

ファンが交流のボールを他にも投げて、キャッチボール仲間を集めます。多くでキャッチボールをすれば楽しいですね。

 

それがフェイスブックでは「シェア」です。ネットでは相互リンク、お気に入り、ブックマークなどという言葉になります。

 

 

バットでいきなり打っても、相手がグローブを持っていなければ何もなりません。野球では得点になるでしょうが。

 

フェイスブックは「キャッチボール仲間」を増やして、投げる、受けることを楽しむのが一番です。

 

ビジネスへの発展もキャッチボール仲間です。

子どものためのルールブックでなく、これは大人のためのルールブックでは?!

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
ここに書かれている内容は、ビジネスでも重要なことですね。子どもの時からの「躾」です。

教室とか先生を置き換えて見たら、わかります。

(抜粋)
516TZACFPQL09_


子どものためのルールブック

出典:ロン・クラーク著『あたりまえだけど、とても大切なこと 子どものためのルールブック』草思社2004年6月

1分で感動 http://1kando.net/10244 より抜粋

子どもが守らなければならないルールには…

「大人の質問には礼儀正しく答えよう」

「相手の目を見て話そう」

「だれかがすばらしいことをしたら拍手をしよう」

「勝っても自慢しない、負けても怒ったりしない」

「何かをもらったら3秒以内にお礼をいおう」

「もらったプレゼントに文句をいわない」

「意外な親切でびっくりさせよう」

「人の成績をいいふらさない」

「授業中は許可なく席をたたない」

「先生に挨拶しよう」

「つぎの人のためにドアを押さえていよう」

「お世話になった人にはお礼をいおう」

…他。

これらのルールを破ったときには罰がある。

最初は、その破った子どもの名前を黒板に書く。

二度目には、違反切符を渡す。

そして、ルール破りするたびに、違反切符が増え、罰は重くなっていき、保護者も巻き込んでの対応となる。

もちろん、よくできたときは褒美を与えるのは言うまでもない。

いじめへの対処や、躾(しつけ)の問題は、日本だろうが、アメリカだろうが同じだ。

日本では、自主性や自由のことを重要視する人は多いが、逆に規律や強制ということはないがしろにされがちだ。

しかし、社会生活をおくる上では、規律やそれにともなう強制は絶対に必要だ。

そして、そのルールをしっかり守らせるには、大人の関与がどうしても必要となり、同時に、「子どもを守る」ことは大人しかできないことだ。

【力強いデザイン】 ビジネスチャンスが生まれる!?

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

 「Simple is The best .」 https://www.facebook.com/note.php?note_id=215539671860340 という記事を以前書きました。

 

ランディングページの力強さは、ごちゃごちゃしたものよりもシンプルで、見た瞬間に理解されるものが一番です。

 

興味をひきつけた段階で次のステップとして【ひろい読みニュース】で書いた役立つ情報は?

 

第1位は、「商品写真」 第2位は、「商品紹介の説明文」 第3位は、「成分・仕様等のスペック情報」などです。

 

そんなデザインのヒントです。http://www.designboom.com/weblog/cat/8/view/19019/noma-bar-illustrated-illusions.html 

 

この画像を個人のウォールで流したら、【シェア!?は、販促。ビジネスチャンス】で書いたようなシェアの現象が起きるでしょう。

 

説明、コメントを読まないで、画像だけの面白さが先行してしまいます。

 

この行動心理をビジネスで活かすことがビジネスチャンスを生み出すことにもなります。

普遍【ビジネス訓】目新しいものの言い方、見方があるように感じるだけ。

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
テクニック、技術は進歩、発展するものです。考え方は?

【ビジネス訓】目新しいものの言い方、見方があるように感じるだけ。

先人は教えを伝えています。多くの著名な経済人も言われている本質は同じ。

「古人の跡を求めず、古人の求めたる所をもとむべし」

「為せば成る為さねば成らぬ何事も 成さぬは人の為さぬなりけり」

だから、実践躬行!!!
写真: テクニック、技術は進歩、発展するものです。考え方は?
【ビジネス訓】目新しいものの言い方、見方があるように感じるだけ。
先人は教えを伝えています。多くの著名な経済人も言われている本質は同じ。
「古人の跡を求めず、古人の求めたる所をもとむべし」
「為せば成る為さねば成らぬ何事も 成さぬは人の為さぬなりけり」

だから、実践躬行!!!
記事検索
プランニングジェックスです。


販売促進について、どう進めればいいのか?疑問をお持ちの方に、お手伝いいたします。
方法、手段はいろいろあります。業種業態によって違います。
まず、戦略からです。ホームページ、ブログなどもシナリオが必要です。体裁、表現手段ばかりが先行しがちです。
個別のコンサルティングが基本ですが、研修会、講習会もお引き受けいたします。
GEXは、generate。創り出すと「X(エックス)」未知なるもの。の造語です。

ぽちっと
にほんブログ村 経営ブログ 広告・マーケティングへ にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ にほんブログ村 ネットブログ ネット広告・ネットマーケティングへ

gex2012-5


 こどもの笑顔応援、続けること。

middle_1277175871自然で、わいわいわくわく百万石

middle_1318604800こどもの笑顔応援団

middle_1318604800アグリビジネス

Twitter
facebook
プロフィール

わいわい

タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ